ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長浜の旅

ここ数年、旅行といえば、仲間と一緒にスキーに行ったり、マラソン走りに行ったり、
トライアスロンの応援に行ったり。と、しばらくふたりでゆっくりと出かけたことが
ありませんでした。

トライが終わったら、どっかゆっくり行きたいな、というささやかな(笑)願いが
叶って、先日主人とふたりで長浜へ遊びに行ってきました。

我が家から車で1時間半ほど。電車でもJRでのんびりたどり着けます。
以前、撮影会で長浜の黒壁スクエアを撮ったときに、おもしろそうなショップが
たくさんあったのですが、撮影に時間を取られたのと、大きな機材を抱えて店内に
入って、もし商品を壊してしまったら・・・ということがあり、ゆっくり見ることが
できなかったので、改めて行きたいと思っていた場所でした。
主人に話すと、とても興味を持ち、自分も行ってみたい、と。


121015-01.jpg


昔、銀行だった黒壁の建物を町おこしのひとつとして、ガラス館として新しくし、
ガラス工房や、ショップ、美術館など、ガラス工芸の街として賑わっています。
町屋の雰囲気が漂う古い街並みも、見どころのひとつです。


121015-02.jpg


いろんなショップを巡ります。


121015-03.jpg


121015-04.jpg


121015-05.jpg


ガラス細工やガラス製品は、磁器や陶器とはまた違って、透明感の美しさがあって、
光にかざすとキラキラと光って、ほんとうにきれいです。見ているだけでも十分楽しいです。
工房では、初冬から開催予定のギャラリーに展示をする作品の制作をされていました。
長い棒の先に付いているガラスが、職人さんの手によって、少しずつカタチを変え、
熱を入れてたり冷ましたりして、形成されていく様子は、ほんとうに芸術だなぁと思います。
ひとつひとつ丁寧に作られている様を見て、完成された作品を手に取ってみると、
その人の心が伝わってくるような気がしますね。
主人は、作家さんのキャンドルグラスをお買い上げ。


121015-06.jpg


日帰りでもじゅうぶん近くの場所ですが、夜もゆっくりしたいなぁと思い、こちらの宿に
泊まることに。
黒い格子と真っ白な壁の見るからに、純和風な町屋。
フロントは無く、隣接されたレストランがフロント代わりの受付。
スポットライトに照らされ、モダンでありながら温かみのある空間のレストラン。
入った瞬間から、かなりテンションアップです(笑)


121015-07.jpg



ゲストハウスも、古いものと新しいのものをうまく取り入れた、素敵なお部屋です。
ワンルームのアパートのような造りになっていて、渡り廊下から直接レストランにも
行けます。


121015-09.jpg


この日の晩は、フレンチ。
一品一品、お料理が出てくるとともに、盛り付けているうつわの説明も。
作家さんのものは、作家さんのお名前も説明してくださいました。
残念ながら、赤木明登さんしか知りませんでしたが、
とても高価なうつわだということだけは分ります。


121015-08.jpg



うつわとお料理、それぞれが、それぞれを引き立て合いますね。

ひさしぶりに、ゆっくりと食事をしながら、
いろんな話をしながら過ごした一日でした。


121015-13.jpg


121015-12.jpg


121015-11.jpg


素敵なお部屋です。
急須も湯呑みも、おそらく作家さんのものですね。

普段は、民宿や旅館の畳でごろんとしながら、
リラックスして過ごすんですけど、こんな洒落た空間も
いいですね。



スポンサーサイト

PageTop

夏の思い出

100722-01.jpg


梅雨明けの三連休を、
鳥取の皆生で過ごしました。

ホントの目的は、
主人とRyuさんの『トライアスロン合宿』。

ふたりは、9月の伊良湖トライアスロンに参戦のため、
3日間たっぷり動き込み&日曜日の皆生トライアスロン観戦
を予定していたので、それにちょこっと便乗して・・・のつもり。

100722-02.jpg
”走りに行くで~!” と、準備万端な面々。

100722-03.jpg
朝の7時すぎでも、暑い暑い!8キロほどのジョグ。


予想に反して(失礼!)
みんな、それなりに予定を立てての動き込み。
早朝に起きて、ジョギングをしたり、近くにある大山を登りに行ったり。。。
日中は、トライアスロン観戦と、バイク、スイムの練習も
こなしていました。


100722-07.jpg


足のケガ以来、数ヶ月ぶりに私もバイクに乗って
皆生をサイクリング。
クルマも少なくて、景色は素敵で、そんな自然の中に居ると
非日常のこの時間がとても贅沢なようにも感じました。


100722-06.jpg


今回は、2夫婦と、1家族、ラン友2人に、ワンコ2匹というメンバー。
いつも一緒に走ったり、お酒を飲んだりと、
よく遊んでもらっているメンバーだけど、
こうして泊まりがけで遊びに出かけるのは・・・初めてかも。

みんながそれぞれ、たっぷりカラダを動かしたり、
まったりくつろいだり、昼寝をしたり・・・
思い思いの時間を過ごしました。

100722-05.jpg

ただいまぁ~って、帰って来たら
順番にシャワーを浴びて、汗をかいた服を洗濯して、
冷たいものを食べたり飲んだりしながら、くつろいで。

子供がいる家族にはよくありがちな、
お友達家族が一緒に行く、家族旅行。
そんな空気の漂う旅でした。

小さい頃から、旅行といえば家族でしか行ったことがなかったし、
こうして、子供連れの家族と一緒に寝泊まりするのもとても新鮮な私。

やらなきゃいけないようなことも、
お互い助け合ったり、子供の面倒もそばに居る誰かが見たりしながら・・・
11人が、それぞれ、自然に交わりながら、溶け込みながら過ごした
時間でした。

夜は、男性は男性で、お酒を飲みながら盛り上がり、
女性は、寝よか~って、お布団に入りながら、
あれこれと、雑談をしたり。
家庭の話、子供の話、恋のお話・・・
話せば話すほど、どんどん盛り上がって
気がつけば、明け方の4時・・・^^

こんなに夜更かししながら、おしゃべりしたのって
いつ以来だろう~?
とっても楽しかった♪ やっぱり女性はおしゃべり好きなんかな?


100722-04.jpg


気の合う仲間同士が集まって、
一緒に寝起きを共にする・・・

ひとつ屋根の下、素敵なログハウスで一緒に生活をした
3日間は、今までの旅行やキャンプとは違って、
とっても新鮮で、楽しくて、ココロが穏やかになるような
素敵な日々でした。

期待以上のとってもとっても楽しい旅。
この夏一番の楽しい思い出かも・・・^^♪


100722-09.jpg
しっぽを振ってワンワン吠える、人見知りの ちぃちゃん。

100722-08.jpg
飼い主のパパさん曰く、「仙人」の、かわいいベリィちゃん。
主人の膝の上でスヤスヤ。。。


旅を共にしてくれたのは、ランを通じて知り合ったメンバー。
今の自分にとっては、もうかけがえのない
大切なお友達です。

知り合えてよかったし、こんな楽しいメンバーで
この三連休を一緒に過ごせたのも、幸せなことです。

ありがとうございました!
また、いつか
こうしてみんなで過ごせますように~!


PageTop

リース作り

淡路島にある『イングランドの丘』。

イングリッシュガーデンがとても綺麗だった、と
以前訪れた人から聞いていたので
是非とも行きたかった場所のひとつでした。

今回の淡路方面への目的のひとつはこれ。

泊まった宿からはクルマで20分ほどの距離です。
ワクワクしながら園内に入りました。

が、

想像していたような、イングリッシュガーデンというのは
全然なくて(苦笑)、
”昔は、きっとそうだったんだろうな~。”という
名残のようなものしかなかったので
ちょっと期待はずれでした。。。

園内の中央にある、季節の花畑のような場所には
今の時期には見事な、ひまわり畑。
ひまわりは、自分の背丈よりも高くて
見上げるほどの大きさでした。
太陽の方向に向かって花の顔が一方に向いてます。

090719awaji01.jpg

まる一日過ごすつもりが、半日で十分満足してしまったので、
帰る途中にある、”パルシェ 香りの館”というところに
立ち寄ってみました。

090719awaji02.jpg

ここでは、リースやドライフラワーのアレンジメント
ジェルキャンドル、ハーブ石けん、マッサージオイルなどの
体験実習が受けられます。

090719awaji07.jpg

そこでさっそく、リース作り体験をしてみました。
材料は実習室にあるドライフラワーやプリザーブドフラワーなどから
好きなものを選び、木のリースにボンドで貼付けていくという
単純な作業でした。

以前からグリーンベースのリースが欲しかったので
それにチャレンジ。
イメージはなんとなく湧いていましたが、実際に材料を
選ぶのはとても難しい。。。

材料をひとつひとつ選んでも、アタマの中では
点になっていて線にはならなくて。。

これを組み合わせるとどうなる?
色はもっとグラデーションにしたほうがいい??
・・・などなど。

これこそ個性というか、センスが出るところなので
とっても難しい。。。。

とりあえず、数点の材料を選んで
実際にリースの上に並べてみると。。。

なんとなくイメージが湧いてきた♪

よし、よし。

そこからはもう、夢中になって
まるで小学校の工作の時間に戻ったように
材料をボンドでつける作業に没頭していました。

090719awaji03.jpg

090719awaji04.jpg

少しずつカタチになっていくリース。
だけど、初めてのことなのでバランスも取りにくかったり
お花がリースに思うような向きに付いてくれなかったり。。。で
ちょっと苦労しましたが、なんとかできあがりました♪

090719awaji05.jpg

初めてにしては、まずまずの出来映えです(笑)

そのあとはジェルキャンドルを作りました。
ガラスの容器の中に、砂を敷いて溶かしたロウを
流し入れます。途中ビー玉やアクセサリーを入れながら
層にして固めていくと、それが容器の中で
浮いて涼しげです。

090719awaji06.jpg

この日は夏休みの始めなのか、小学生ぐらいの子供たちも
たくさんキャンドルを作っていました。

子供はもちろん楽しんで作っていますが、
大人もなかなか楽しめてgoodです。

もっと他の体験もしてみたかったのですが
残念ながら時間が足りずに、今回は2つの体験実習で終わりました。

だけど、こんなに近い場所でこんなに楽しい時間を過ごせるなら
また是非訪れたいな~と思うところでした。

あっという間の2日間でした。

今回、一番楽しかったのは。。。
リース作りかな(笑)

PageTop

淡路島への旅

考えてみれば、夏になると週末の2日間を使って
小旅行に出かける事がちょくちょくありました。

日本には、手軽に行けて、とても素敵なところが
たくさんあるはずなのに、実は知らないところも
たくさんあります。

高速料金の安いうちに(!?)たくさん出かけなくては・・・。


今回は、お手頃な淡路島へ。

まず一日目は鳴門大橋を渡ってすぐにある、
徳島の大塚国際美術館を訪れました。

090719otuska01.jpg

以前、ダヴィンチ・コードの公開に合わせて
たまたま主人が仕事の取材で訪れた場所で、
話を聞いていて、行ってみたいと思っていたところです。

ここは、大塚製薬が設立した美術館で
原画を陶板に転写して焼成する技法を使った
”陶板名画”という形で展示されています。

なので、原画とほぼ同じサイズの名画が世界各国から
集められているので、世界中の名画がここで
見られる、というわけです。

美術に興味がなくても、この壮大なスケールの美術館に
入った途端に、美術史の世界に引き込まれて行きます。

090719otuska02.jpg 090719otsuka13.jpg

11年前、イタリアを旅行したとき
フィレンツェのウフィツィ美術館で見た、
”ヴィーナス誕生”や”春”、ミラノでは修復作業中で
見ることができなかった”最後の晩餐”なども飾られていました。


当時は、せっかくここまで来て、”最後の晩餐”を見ることが
できないのは残念。。と思っていましたが、
聞くところによると、この修復作業はひとりの修復家が
1977年から1999年までの20年以上もの歳月を費やし、
修復作業にあたったとか。
約4m×9mのこの名画、一日で1センチ×1センチの
サイズが修復できれば上出来だそうで
気の遠くなるような話をたくさん教えていただきました。

この美術館には修復前と修復後の作品が同じ場所に
飾られているので、比較することができます。

090719otsuka04.jpg(修復後)

090719otsuka03.jpg(修復前)

修復されたことで、分かった事実もいくつかあるそうです。

たとえば、
・キリストの口は開いていた
・テーブルには魚料理が並べられていた
・キリストのこめかみには作品を描く技法として使われた
 釘の跡が残っていた
・ユダの手にはイエスを裏切った代償としての銀貨30枚が入った
 金入れの袋を握るとされる
 (あ、でもこれは前から分かってたのかなぁ。
  修復されたことで、手に握られた
  袋が鮮明に見て取れるようになった、だっけ?)

 ・・・など。

(修復前)090719otuska05.jpg (修復後)090719otsuka06.jpg

(修復前)090719otsuka07.jpg (修復後)090719otsuka08.jpg

ちょっとしたことだけど、こんな説明を聞いて
知って見るのと知らないで見るのとでは、興味も関心も全然違うので
とてもオモシロいな~。。。

そして、スタッフの方が『印象派とその時代』というテーマで
モネやルノワール、ゴッホ、ゴヤなどの作品を数点
解説しながら紹介してくれました。

090719otsuka10.jpg

印象派の特徴は、
・はっきりとした線を描かない
・影は黒ではない(モネはブルーを使った)
・補色を取り入れた作品
 (お互いを引き立たせる色を作品の中に取り入れる)

などなど。

また、モネは日本がお気に入りだったので
初期の作品には太鼓橋のような、現実的なものが
描かれている・・・。

090719otsuka11.jpg

ふ~ん。なるほど。



館内には、顔診断をしてくれるというロボットがあったので
ためしに私も診断してもらいました。

『あなたに似ている名画の人物は・・・』

この人だそうです。

090719otsuka09.jpg

『ラ・ジャポネーズ』 モネの妻・カミーユ。
モネの奥さんに似てる~???

この作品も、モネが日本を好んだのがよく描かれています。
赤い着物、団扇や扇子。
ジャポニズムがたくさんちりばめられていますが、
扇子にはしっかりと、トリコロールカラーが描かれているのが
オモシロい!

絵画って、ホントに奥が深いですね・・・。


そんな美術館、時間が足りずに最後は駆け足で
作品を見て回りました。

090719otsuka12.jpg

一日頑張って歩き回ったご褒美は、
海鮮づくしの夕食♪

090719otsuka14.jpg

美味しいお魚に舌鼓を打ちながら
連休の一日目は終わりました。。。。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。