ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

平穏

120510-03.jpg


GWが明けて、いつもとかわらない
静かな毎日が戻ってきました。

週明けから、仕事に出かけたり、お休みでも
用事で家を空けたり、と、人の気配の無い家で
いつもお留守番をしてくれている、我が家の文鳥たち。


子供たちの足音や大声もなくなったせいか、
リラックスモードです^^


今日はそばにいるからね。と、
鳥かごのそばのリビングテーブルに座り、
パソコン触ったり、本を読んだり、お昼寝したりして
過ごしています。

そんなとき、ときどき寄ってきては・・・


120510-04.jpg



人の気配や生活音がしているだけで、この子たちが
なんだかホッとしてくつろいでいるように
見えるのはなぜかな(笑)?

ちょっとカゴから離れると、鳴き出して大騒ぎ。
でも、そばにいると安心しているみたいです。


そして、チーちゃんは、来るときは、来る^^
カラダ中にまとわりついて、もういいよ~っていうくらい。
それがまた、可愛いかったりします♪



この冬、新たな遊び場を見つけたようで・・・。

120510-01.jpg


かくれんぼ、ではありません(笑)
なぜだか、こういうところが落ち着くみたいです。
一生懸命、脚を開いて、ふんばっている姿^^
何してんだか・・・?


120510-02.jpg



そして、この寝顔。
首を背中に乗せて、小さくなって眠る姿。
こんな姿を見てるだけで、なんだか幸せな気分になります♪
ゆっくり休んでね。おやすみ・・・zzz


120510-05.jpg





スポンサーサイト

PageTop

クーちゃん、病院へ

最近、わんぱく盛りのチーちゃんとクーちゃん。

食欲も旺盛で、元気いっぱい、特にチーちゃんは
発情のまっただなかで、ちょっと困りモノです。

そんなチーちゃんとクーちゃん、
ちょっと気になることがありました。

残念ながら写真には収められなかったのですが、
クーちゃんの上クチバシの右側のまんなかあたりが
どうも変形してきているのです。

どう変形しているかというと、クチバシの中央が下側に
膨らんだカタチをしているのです。


120215-01.jpg


(これは、年末に撮った写真ですが、右のクチバシの
中央の下が少しふっくらしているのが見られます。)



最初は、いつも食べてる葉っぱがクチバシにひっついて
残ってるのかと思ってたのですが、じっくり見てみると
どうやらそうではなさそうで。

エサも普通に食べてるし、普段とかわりなさそうなのですが、
気になりだすと心配になってきたので、動物病院に連れて行って
診察してもらいました。


先生に診てもらうと、それほど心配はないとのことでした。
肝臓が弱っていたり、栄養のバランスが乱れたりすると
こういう症状が起こることがあるそうです。
肝臓に問題が有る場合、糞の色が黄色くなるようです。
また、卵を産んだりするときに、肝臓に負担がかかるらしいです。
そういえば、10日ほど前、クーちゃんは卵を一個産んでしまいました。

それらの状態をクーちゃんの場合のことを振り返り
先生とお話しました。

食欲も落ちていないことや、噛み合わせが悪い訳でもなさそうなので、
このまま様子を見てもいいし、尖っているところを落としてみても
いいですが、どうしましょう?と聞かれ、無理のない程度に、
取ってもらうようにお願いしました。

クーちゃん、先生の手におとなしく捕獲されるまで、
ずいぶん暴れまわったので、ちょっとお疲れの様子です。

でも、観念したのか、先生の手の中では
おとなしくじぃ~・・・っと。

そのすきに、手際よくニッパーでパチンッと
切り落としてもらいました。
辛そうに目を二度ほど瞑った様子が、痛々しかったけど
一瞬で終わりました。


120215-03.jpg

すっきりとしたクチバシ。よかった~。
(やっぱり、おとなしくしてくれないので写真が撮れません・・・)


念のため、2週間ほど栄養のバランスを整えるお薬を
あげてみて様子を見ましょうということになりました。
今日のクーちゃんのクチバシを写真に撮り、
しばらく経過を見させてください、とのことでした。


担当の先生も、優しい先生でほっとしました。


で、帰り際に、先生に
「実は、もう一羽もクチバシのカタチがちょっと
 変わってきてるんですけど・・・(汗)」と、家を出る前に
撮った写真を見せると、さすがに先生、

「2羽ともですか?? ん~~~・・・・???」


120215-02.jpg
(チーちゃんのクチバシ。真ん中あたりがちょっと変形してます。動くのでブレました。)


「まぁ、様子を見て、伸びてきたら一度連れて来てください。」

まさか、立て続けに2羽とは思わなかったんでしょうね。すみません。


動物は人間と違って、言葉が話せない分、こちらから様子を察知して
あげないといけないので、ちょっとしたことでも心配になります。
でも、ちいさなサインを見逃さず、受け止めてあげることが、
この子たちの長生きに繋がるのかな・・なんて思っています。

チーちゃん、クーちゃん。これからも元気で長生きしようね!



PageTop

おかえり♪

4日間のお泊まりを終え、元気に帰ってきました^^

朝一番に、お迎えに行きました。

お泊まり中、簡単な健康診断(の検査です・・^^;)と
爪切りをお願いしていました。

以前、クーちゃんを診てくれた、鳥さん担当の先生から、
検査の結果、二羽とも健康に関して問題ないこと、
クーちゃんは、爪がそれほど伸びてなかったので
少しだけお手入れをしたこと、を報告いただきました。


110215-03.jpg


さっそく、帰ってきて
それぞれをカゴから出して・・・。
みんな、ご機嫌さんです♪


やっぱり、慣れたおうちが一番安心するのかな?
元気いっぱい、飛び回ったり、まとわりついたり。


110215-01.jpg



この子たちもきっと、寂しかったんだと思うけど
いつも鳥かごを置いてある場所が、なんにもなくて
ガランとしているのを見るだけでも、私や主人も寂しかった。


お互い、言葉を交わして
気持ちを伝え合うことはできないけど、
この子たちの仕草や態度を見ていると、
気持ちが伝わってくるような気がします。


嬉しい! という気持ち。
寂しかったよ~。 という気持ち。


こんな小さな生き物でも
ちゃんと自分の意思を持って生きている。
気持ちを込めて接すれば、
ちゃんと理解をしてくれるんだね~。


チーちゃん、クーちゃん、おかえり♪
これからまた、ずっと一緒にいようね。




PageTop

お泊まりだよ~

110210-01.jpg


スキー大好きの我が家夫婦にとって、
今年は大雪で、嬉しいはずなのですが、
今シーズン、まだ一度も滑っておらず・・・・。
ようやく明日が初滑りとなります。

ところが、今夜からの寒波という予報、
なんか、気持ちがモヤモヤとしております。

道中の積雪は大丈夫?
ドライバーさん、運転大変だし。。。
(今回は、免れるかも^^;)

お天気もそうですが、ちょうど一年前のこの時期。
スキーで転倒してケガしちゃったし・・・
ゲレンデで滑ってたらフラッシュバックしそう~。


110210-03.jpg


で、恒例となりました、この子たちのお泊まり。
近くの動物病院がやっているペットホテルにお世話になります。

これからしばらく、お別れなのに
な~んにも知らずに、無邪気に遊んでいる子たち・・・。

言葉が通じたら、
「月曜日にお迎えに行くからね。おりこうにしててね。」って話しても
わかってくれるのに、言葉が通じないから、
私がひとりで話しかけても、「???」みたいな顔してこちらを見てます。
慣れない環境に、ポイッと預けられて、いつまで
そこに居るかもわからず、カゴの外にも出られず、じっと過ごしている
チーちゃんとクーちゃん・・・。

それを思うだけで、切なくて、
ホテルに預けに行くときは、一番辛いのです。

今日は、優しい看護士のお姉さんが預かってくださいました。
預かり中の注意点や、飲み水をつける場所から、えさの量、
休ませる時間など・・・。


110210-02.jpg


家に3日も置いて出かけることを思うと
離れている間のことについては、安心ですが。。。
チーちゃんはとくに寂しがり屋さんなので、大丈夫かな~。。。


しばらく、いい子で待っててね。

週明けに、お迎えに来るからね♪

PageTop

シナちゃん

101123.jpg


きのう11月22日は、
愛娘(?)シナちゃんの命日でした。

あの日のことが、
きのうのことのように蘇ってきます。

どれくらい、泣き続けて過ごしたかなぁ。。。


様子がおかしいことに気づきながら
見過ごしたことで、救える命を助けてあげられなかったこと。

自分をいっぱい責めて、
シナちゃんのなきがらに、謝って、謝って、謝り続けて・・・・。




二階の窓から見える、庭の柿の木のそばに
シナちゃんは眠っています。

一緒に過ごす時間は、短くなったけど、
それでも毎日、お墓の前でシナちゃんに話しかけています。

穏やな気持ちで。 ちゃんと笑顔で。


悲しいことも、辛いことも、必ず時間が解決してくれるのかな。


シナちゃんは、あのときのかわいいシナちゃんのままで
記憶の中で生き続けています。


命の尊さを教えてくれたシナちゃん。
出会えたことに、ありがとう。
これからも、ずっとそばにいてね。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。