ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

わがやのニューフェース

120604-01.jpg

とつぜん、ナマっぽい写真ですみません・笑

先日、卵焼き器とフライパンを買い替えました。
卵焼き器は今まで使っていたのが、かなり年季が入ってきて
卵焼きを焼いてても、ひっついて破れたりすることもしばしば。
底は、ゆるやかに波打っていて(驚)反り返っていました。
きっと、空焼きをしすぎたのでしょうが・・・。

20センチのフライパン。
ちょっとした炒め物や焼き物をするときに、重宝する大きさです。
こちらも大活躍していたのですが、先日オムライスを作ってくれた
主人が、卵がひっつく・・・と、悪戦苦闘。
よくみると、テフロンがはがれかけていました。

ちょうどいい機会なので、両方新しく買い替えました。
卵焼き器は、今までのと大きさが近いもので、こちらになりました。
ウルシヤマ金属工業のラフィーネというシリーズです。
フライパンは、前のとまったく同じもので、フィスラー製です。

「もうちょっとヘリの立ち上がりが緩やかなのがよかったな・・」と、主人。
どうも、今後は主人専用のオムライスのフライパンがもうひとつ
必要になりそうです(笑)

新しい卵焼き器で焼いた卵焼きを見て、
「卵焼き、焼くの上手になったなぁ!」と主人。
いえいえ、ただ単に道具が変わっただけです・・・。
でも、それくらい以前より綺麗に焼けるようになったのですから
道具も大事ですね。


それとは別に、以前からずっと気になっていたモノ。
ブラパラのオーバルプレートです。
26センチのプレートとずいぶん迷ったのですが・・・
オーバルは持っていないし、知り合いの方も、両方あると便利だけど
まずはオーバルがあるといいよ、と紹介してくれていたので、
念願のオーバルを買いました。


120604-02.jpg


定番ですが、洋食に使ってみました^^
なかなか良いですね。 チルウィッチのマットとの相性も
いいかんじです。

洋服を選ぶように、今日は何に盛りつけようかな?と
あれこれ考えるのも、楽しいですね。
(そんなにたくさん持っていませんが・汗)



120604-03.jpg


今週から忙しくて、なかなか遊んであげられません(><)
でも、帰ってきて顔を見るとホッとします。
クーちゃんのメタボなお腹が、大好きです♡
プクッと膨れているこのまぁるいライン、
美味しそう~・・・。と見とれてしまいます(笑)

スポンサーサイト

PageTop

キラキラの石

120529-01.jpg


アクセサリーは、どちらかといえば
こぶりでシンプルなものが好きだったんですが、
最近、こんなのも好きになりました。

キラキラの石です。

会社を辞めてからというもの、
ちょっと気の利いた服を着て出かけることもなくなりました。
今のお仕事、私服ですがそんなに気を張らなくても
いいかんじです。

でも、ときどきはこんなのもつけてみたいなぁと^^


120529-02.jpg


ネックレスとブレスがお揃いになっています。
私好みのパステル系。
ついつい手に取ってしまうのは、淡い色合いで
パステル調が多いのですが、これもまさに、そうですね。


身に付け慣れていない分、ちょっと大ぶりで
気恥ずかしい気もしますが・・・^^;
これからの季節、楽しんでみようと思っています♪



PageTop

お気に入りのマグカップ

120212-01.jpg


昨年末に、毎朝使っているマグカップを
ちょっとした不注意で、落として割ってしまいました。


あまり器を割る方ではないのですが、
この時期、お仕事先でも器を”かけさせ”たり、
割ってしまったのが続いていたんです。

これには、自分自身、ものすごくショックで・・・。

で、新しいのを探さなきゃな~と思っていたら、
クリスマスに、主人がプレゼントしてくれました。

結婚してからというもの、お誕生日もクリスマスも
特別なことはほとんどしなくなったので、
「はい、これ。」って、包みを渡されたときには
すごく嬉しくて(苦笑)


120212-02.jpg


雑貨屋さんで見つけてくれたようですが、
カタチからすると、スープカップのようですね。
でも、この雪の結晶のような模様が
なんとも温かみがあって、とてもお気に入りです。
ときには、紅茶を、ときにはスープを、と
いろんなふうに使えそうです。

いまは毎朝、これで甘い紅茶を飲んでいます。



寒いこの季節、家で温かいものを飲む機会が増えました。

お昼ごはんが終わってから、ほっとひといきついて。
仕事から帰って来て、晩ご飯の支度をする前に、ちょっと。

で、そういうときは、朝のマグカップとは別に
たっぷり容量の入る別のマグカップを使っています。



120212-03.jpg


ブラパラのマグです。


ブラパラの柄は、とても大胆なので飽きがこないかなぁと
思っている、自分自身にとっては冒険の柄です。
でも、使っている方々の写真を見ていると、お料理も栄え、
とても素敵だなぁと思うようになり、ちょっと興味のある器に
なりました。

そんなブラパラのマグが、とてもお安くなっていたので、
まずはマグでお試しを・・・と。


存在感があって、すごく素敵ですね。

今までは、ほっとひといきのマグは、
そこらへんにあるものを(笑)
あまり気にせずに使っていましたが
これを使い出してからは、お気に入りだからか
お茶もよりおいしく感じます。


最近、北欧のモノに少し惹かれています。
年末にカーテンを替えたからかな?



120212-04.jpg
 ↑ チーちゃん、走り回ってます(笑)


お気に入りの2つのマグカップ、
これからも大切に使っていきます^^



PageTop

カステヘルミ・デビュー

120129-01.jpg


このカステヘルミ、みなさんよくお使いなので
前から知ってはいたものの、
可愛らしすぎるかな?と思って、
なかなか手がでなかったんですが・・・


サンドを見た途端、「これは素敵!」と(笑)


なんと、夢にまで出てきて、
目が覚めても、うっとり。。。


で、もやもやした気分を吹っ切るために
買ってしまいました(苦笑)


ふらりと立ち寄った雑貨屋さんで、山積みになっていました(驚)
ネットでは、売り切れ続出のようなのに、
ここに、こんなにたくさんあっていいの?って
ちょっとびっくりしてしまいました。


120129-02.jpg



見た目は、深い茶色なんですが、
光が当たると、また印象が変わって、素敵ですね。
こういう色目だと、甘い雰囲気も和らぐというか、
おなじカステヘルミでも、まったく違う物のように
見えますね。


何を盛りつけようか、と、今からワクワクしています。


PageTop

熊淵未紗さんのうつわ

111102-01.jpg


一年ぶりに、出会えました。
この優しくて、温かな、うつわ。

作家の熊淵未紗さんは、とても繊細で可愛らしい
雰囲気の方です。

ご自身が、旅をして訪れた地の、砂や土を
作品に込めて、作られたうつわです。


111102-03.jpg



光にかざすと、蛍のようにポッと明るく白く透けるのは、
宮古島の海の砂。

じぃ~っと眺めているだけで、ココロが穏やかになります。


実はちょうど一年まえ、父の具合が良くなくて、
ずっとお見舞いに通っていたころ。

ICUの面会時間の合間を縫って、三宮に出かけたときに
たまたま通りがかりで見つけた、熊淵さんの作品展。

白を基調とした、器の写真に惹かれて
ギャラリーへ入りました。

そこには、白で埋め尽くされた、たくさんの器が並んでいて、
どれもみんな、ひとつひとつ、思いを込めて作られた作品ばかり。
手に取ってみると、重みがあったり、光にかざすとほんのり透けて見える、
やさしいうつわの数々に、父のことで辛く不安な気持ちだったのが、
そこにいる間だけ、不安な気持ちから解放されて、すごく心地が良かったのです。

なんていうのかな、しずかで、ぬくもりがあって、やさくて、温かい。
そんな言葉がぴったりな、作品と作家さんに出会えたことで、
一瞬、気持ちが救われたように思いました。


結局、父は亡くなったけど、
あのときに、ほんのひとときでも、
あの不安な現実を忘れることができたのが
とても嬉しかったので。。。
「あのときは、ありがとうございました。」という思いを伝えたくて、
作品展に行って来た、というわけです。

熊淵さんと、お話をさせていただき、
ひとつひとつの作品ができあがるまで、とか、
作品に込める思いを聞きながら、うつわを手に取って眺めると、
見え方が違ってきて、なんだか生き物を手の中に抱いているような
感覚になりました。

そして、ありがとうを伝えました。
言われた方にしてみれば、???なんでしょうけどね(笑)

でも、ありがとう、と言わずにはいられなかったのです。
辛い気持ちを、一瞬、救ってくれた。

それだけで、どんなに気持ちが和らいだか、これからもまた、
頑張ろうって思ったことか。


111102-02.jpg


今年は、たくさんの作品の中から、宮古島の砂のうつわをいただきました。

来年ももちろん、訪れるつもりです。
一年ずつ、ひとつずつ、お気に入りを増やしていくつもり。

今年は、穏やかな気持ちで訪れることができて、
ゆったりと眺めることができました。
きっとまた、これからもこの時期になり、作品展に行くと
思い出すんだろうな。
だけど、気持ちはとても晴れやかで、笑顔でうつわを眺めることができるような
そんな気がします。

作家さんの思いと、自分のその時の感情がこもった器が、
ひとつ、またひとつと増えていくのも、想い出が増えるみたいで
いいかなぁっって思います。

来年も、また、新しい出会いがあることを願っています。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。