FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

お正月の準備

独身の頃、生け花を習っていて、
年末の授業ではお正月のお生花を生けていました。

梅(ときには松)、菊、千両、葉牡丹・・・。
それはそれは立派なお花で、
我が家の小さな下駄箱の上には
重たそうなくらいのお花がドン!と・・・。

生け花をやめてからのお正月は
そのなごりで、自分でお花を買ってきては
玄関に飾っていました。

さて、今年もいよいよ年末。

今回のお花をどうするか・・・
いつものように、松や千両、菊を飾ろうと
思っていたのですが、
通っているお花のレッスンで
お正月のアレンジメントの特別レッスンがあるというので

『難しいのかな・・・?』

と、少々不安ながらも申し込み、
今日レッスンに行ってきました。


これは単発レッスンで、
ベテランの講師の方が教えてくださいます。

やってくる生徒さんは初心者から十年くらい習ってる、という
ベテランさんまで幅広い。

今回も、皆さん全員の花材が異なり
出来上がりも、ひとりひとり違ったものになるのです。

普段と違って使用するお花の量も多く、
レッスンのレベルで言うと、『上級者クラス』だそう。

付いていけるのか~???


先生の講義をひととおり聞き、いざ実践。
難しい花材を選んだこともあって、アタマの中は真っ白に。。。
とにかく、挿していかないと~。

枝ものを挿し、お花をぎゅっと詰めて挿して
少し見栄えがよくなって、一安心。
でも、お花の色のグラデーションなんて
全く考える余裕はありません。

『水引つけてくださいね。』

先生から、お花を挿し終えて次へ進むように言われて。

水引も、カタチは自由なので、
ほんとにわからない、、、。

思いついたままに、えい、えい、と
ねじったり、巻いたり、しごいたりして、
悪戦苦闘を重ねた結果、なんとか出来上がりました。

091229-01.jpg
091229-02.jpg

まだまだ初心者のレベルのアレンジですが・・・(苦笑)

ベテランの方のは、ホントにすごかったです。
難しいお花を使っての色のグラデーションや、
ちょっとしたテクニック、そして水引のかけかた。

水引には個性がはっきり出ていて、
これがすごくお花を引き立たせていると感じました。

いずれ、あんなふうにすごく上手に活けるコトができるのかな~?

ドキドキの特別レッスンは無事終了。
今年はいつもと違って、とても明るく可愛らしく
華やかに、我が家の玄関を飾ってくれています。



スポンサーサイト

PageTop