ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

再会

100530-01.jpg

4月のはじめに、卵管脱で入院したクーちゃん。

その後、クーちゃんの発情を抑えるために、
オスのチーちゃんと引き離して
過ごさせていました。

別々で過ごすようになってから、もうじき2ヶ月。

チーちゃんは今まで以上に『甘え』が激しくなり、
カゴから出してやると、執拗に私や主人を追っかけ回す始末。
ちょっと部屋の外へ出る、台所へ行く、ソファに座りに行く・・・
必ず、しっぽを振った犬が走って駆け寄ってくるのと同じように
ピューっと飛んで肩やアタマに止まりにくるのです。

こんなにはっきりと意思表示をされては、可愛くてたまらない反面、
ちょっと困りモノで・・・。

なんせ、人一倍の寂しがりやさんなので、
ひとりぼっちにさせるのがかわいそうになってしまいます。


一方、クーちゃん。
おとなしくてマイペースなクーちゃん。
マイペースは相変わらずですが、慎重な性格は
さらに輪をかけ、カゴの扉を開けてあげても、
自分から外に出るのが少し減ってきました。

100530-03.jpg

出してあげると、一応飛ぶことは飛ぶんですが
あまりあちこちを飛び回ったり、大好きだった
スリッパの中に潜ることは殆どなくなり、
今はパソコンの上にじっとして座ってたり、
腕に止まってじっとすることがたびたび。

こんなにおとなしくなってしまったのは、
チーちゃんがいないから・・・?

そして、換羽期なのか、はたまたストレスなのか、
最近羽根がよく抜ける・・・。
いや、正確には羽根をよく抜く、のです。
長い尾っぽの羽根も、1本1本抜いていき、
『あと1本しかない~!』と思ってた最後の1本まで・・・
抜いてしまいました。

100530-02.jpg
1日で、2~3本は軽く抜きつづけてました。


先月の半ばから、日中、私が不在がちで
家に誰もいなくて、寂しいのかもしれません。

クーちゃんの様子がどんどんおとなしくなることや
羽根が抜けることを心配し、きのう2ヶ月弱ぶりに
チーちゃんとクーちゃんを再会させることにしました。


カゴを並べて、お互いが見えるようにしてあげました。
すると、喜んで鳴いて呼び合うこともなく、
カゴにへばりついて、相手に近づくわけでもなく、
ちょっとよそよそしい感じで、じっと黙ったまんま
相手の様子をうかがっていました。

今朝、まずはクーちゃんを放鳥。
いままでよりも、少しは飛び回りますが
そんなに活発ではありません。

午後からはチーちゃんを放鳥。
こちらは相変わらず元気に飛び回っています。


チーちゃん、クーちゃんのカゴを並べて
1羽ずつの放鳥をしてみたところ、
おもしろいことに、それぞれ、私のところに
近寄って来てべったりと過ごすことはなく、
クーちゃんはチーちゃんのカゴに、
チーちゃんはクーちゃんのカゴに寄っていくのです。

100530-04.jpg

そして、放鳥されずにカゴに残っているほうの文鳥は
外に出たいのか、鳴いてカゴの中で飛び回っていました。

1羽で飼われている文鳥は、特に人間に懐く、と
聞いたことがありますが、ホントにそうなんだ~。
1羽でいるときと2羽でいるときの、興味を示す相手
(1羽のときは私、2羽のときは片方の文鳥)の違いが
顕著に表れていました。

100530-05.jpg



動物病院の先生は、3ヶ月ほど、卵を産まなかったら
発情は止まったといえるでしょう、と言ってました。
その3ヶ月は、まだまだ先です。

今日の様子では、発情は止まったような気もしますが、
元気で長生きしてもらうためには、
もう少し、様子を見守りたいなぁと思います。

ときどき、会わせてあげて、喜んでもらおう。

いつかまた、チーちゃんとクーちゃん、
一緒に放鳥させてあげて、仲良く遊べる日がきますように。

もうちょっと、我慢してね。


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。