FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

トライアスロン伊良湖大会 ~応援編/その3~

1周11キロほどのバイクの周回コースは
約20分くらいで走っているようです。
5周目の通過を見送って、Rさんとふたり
ゆるゆると会場に向かいながら、
走ったり歩いたり。。。移動しました。

どれくらいのペースで主人が走っているかを
時間の計算をしたうえでの移動なので
来るときにくらべたら、気分的に余裕があります。
すぐそばには海が広がっていて、
青い空に、青い海、そして絵に描いたような
白いヨットが浮かんでました。
(写真撮るの忘れた・・・)

こんなのどかな景色の中で、行われる大会なんて
タイムを競うよりも、風や光や空気や景色を
楽しみながら参加しないと損だなぁ。。と
ついつい思ってしまうのですが、
選手の方々は、やっぱり一直線、
真っ正面だけを見て、必死でバイクを走らせています。

会場が、その先に見えて来ました。
”そろそろ走ろうか~。”
Rさんの絶妙な計算で、歩いてた足を
少しずつ動かして走り始めます。

やっぱりカラダは重たく、風があるとはいえ、
やっぱり太陽はしっかり照っていて、暑い。。。

ようやく、会場内のバイクのゴール地点へ戻って来て、
ゴールゲートを越えたところで、主人を待つ。


待っているポイントが坂の下りきったところ。
急に現れるので、ドキドキです。

到着して間もなく、帰って来ました。

090911irago-01.jpg

”おかえり~!!”

なんと声をかけるのが正しいのかは
よくわかりませんが、
とっさに出た言葉が、たしかそんな言葉だったように
思います。
周りの応援には目もくれず、耳だけ傾けて
私の目の前を通り過ぎた主人は、
バイクを置いて、これからランのスタートです。

トランジションエリアには、選手以外は近づけないので
遠目に準備をする様子を見ながら、次はランのスタート地点へ
また走っての移動です。

約60キロほどを漕いで、2キロを泳いだ人の走りとは
思えません。
スタスタと、軽い足取りでスタートしていきます。

先回りしてRさんがスタートを見送ってくれています。
私もあとに続いて走ったのですが、そこまでは追いつけず、
スタート地点についたときには、ランをスタートした主人と、
それを応援するRさんの後ろ姿を見るだけに終わりました。


ランのコースは、会場を真ん中にして、バイクとは真逆の方向へ
約10キロ、海沿いの道を走り、折り返してのゴールです。

さぁ。。。ランは、どこで応援しようか?

応援する気持ちはいっぱいあるものの、
当日までの疲れが(いろいろと。。。)あって
カラダが思うようについていってくれません。。。

パンフレットでランのコースをじっくりと眺めるRさん。

ランのスタートから約2キロほどの地点へ、
どうやらショートカットできる道を
警備の人に教えてもらいました。

で、二人でまたそのポイントまでランで移動。

自分もそうですが、Rさんもここのところ
思うように走れてない、、、と。
選手よりも、応援のほうが走れない状況・・(苦笑)

地下道をくぐった先は。。。
いました、いました。
警備の方や、コース誘導の方が。

ちゃんと、コースに出られました。

”間に合ったかな~??”

私たちも、それほどダッシュで来られなかったので
下手したら、もう通過したあと、
まだだったら、もう間もなくか。。。というくらいの
ときでした。

”疲れてるだろうから、一声かけれたらよかったんだけど。。。”

・・・と、思ってるところへ、
なんだか見たことのある走り方の人が・・・!

090911irago-02.jpg

”あ、来た! 来たぁ!!”

ギリギリ間に合ったようでした。

もちろん、本人は
私たちがこんなところに居るとは
想像もしてなかったでしょう。。。

遠くの方からやってくる主人に
思いっきり声をかけました。
”頑張れ~!!!”
”ええペースで走れてますね~!”

きっと、応援をしてもらっても、疲れて
アタマはもうろうとしてるんだろうな
と、思いながらも、
声さえ届けば・・・という思いで
見送りました。

ここから先へは、もう追いつく応援ができなさそう
なので、帰ってくる頃にもういちど
ここへやってきて応援をすることにしました。

しかし、ここから20キロ近く走るなんて。。。
炎天下の中、2時間近くかけて
単調な道を行って帰ってくるのです。

夏のマラソンはホントにキツい。
さすがに、ここからは様子も分からないので
無事帰ってくるまで、気持ちは落ち着きません。

”しんどかったら、無理せずリタイアすること”

何度もそんなことを言ってきました。

無理はしてほしくないけど、
ここまできたら、やっぱり最後はゴールしてほしい。

・・・複雑な心境です。

そして、しばらくの待ち時間は
スタート付近で、Rさんの知り合いの
選手の方を応援したり、
ゴール付近で、ショートの選手が戻ってくるのを
見たり、おしゃべりしながら過ごしました。

驚くことに、ショートの選手はみんな
ゴール付近ではしっかりと足が動いていました。

これが、泳いで、漕いで、走って来た人の
足なの?? と、驚くくらい。

続々と、帰って来ます。

トライアスロンのゴールというのは、マラソン大会とはまた
違った雰囲気で、とっても温かいです。

ゴール手前で、ゼッケンNo.と、選手ひとりひとりの名前が
紹介されます。
そして、お父さんでしょうか、男性の人は応援にかけつけて
くれた子供たちと手をつないで、とか、
赤ちゃんを抱っこして。。。とか、カップルで、とか。
最後はタイムを気にせず、応援してくれた人や支えててくれた
人たちと一緒にゴールします。


そうこうしているうちに、時間はあっという間に
過ぎていました。

Rさんと二人、また
さきほどのポイントへと移動です。

今度は行きに見送ったポイントからさらに少し先へ
いったところで、迎えることに。

主人を見送ってから1時間と40分近く経過していますが
でも、まだこの道を、これから10キロ先の折り返しへ
向かって走って行く人もたくさんおられます。

もう、ただただ、頑張って!とか ファイト!とか。。
そんな言葉しか出ないですね。

そんな言葉をかけられても、
しんどくて、辛くて、苦しくて。。。で
気持ちに余裕の無い人もおられるんでしょうけど。。

苦しいだろうな~。
しんどいだろうな~。

想像すらつきません。


首筋や肩に水を含ませたスポンジを挟んで
走っている人、フラフラになって
走っている人、ときには歩いている人。。
たくさんの人に声をかけました。

主人はまだだろうか???


Rさんが、時計を見ながら
”もうあと10分もしないうちに戻ってくるんちゃうか?”

10分か・・・。長いだろうな~。。。


と、

思っていたそのときに
見えて来ました。


”あ!あれちゃうか??”

見覚えのある走り方、あのウエアは・・・。

主人が戻って来ました。

IMG_9953.jpg

”お帰り~! あとちょっと!!”
声援に反応はしてくれたので、
意識はしっかりして走っているようです。

ここから、あと2キロほどでゴールです。

”速い!いいタイムで走ってる!!”

あんな、長い距離を動き続けて
体力も限界に達してるだろうに、
しっかりと、一歩一歩走っています。
このチカラはいったいどこから出てくるんだろう。。。

そして、Rさんと二人、先回りをし、
私はゴール地点で、Rさんはゴール手前で
主人を待ち構えます。

本当はRさんに並走してもらうと、
よりタイムがあがるのでしょうが(笑)
ゴール直前までは、Rさんに応援をお任せしました。

続々と、ゴールをする選手たち。
中には、こんな人も。。。

090911irago-13.jpg

かわいいワンちゃんたちとのゴール♪

さすがにこれは、周りのギャラリーからは
歓声があがりました♪


で、ようやく・・・

090911irago-04.jpg

ホントによく頑張りました。
見送るときには、こちらがドキドキで
不安一杯だったのに、元気でいい笑顔で
帰って来ました。

長い長い道のり、よく頑張ったと思います。

ホントにお疲れさまでした。
そして、Rさんも
長い一日、応援してくださって
ありがとうございました。



ゴールをする選手の顔を見ていると、
ひとりひとりが、本当にいい顔です。
やり遂げた、という達成感に満ちあふれた笑顔が
キラキラと輝いて見えます。
羨ましくもあり、ゴールはとてもいい
空気に包まれています。

頑張った人の笑顔は素敵です!

いっぱい、いっぱい刺激を受けました!

主人も、Rさんも・・・ホントにお疲れさまでした。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

愛を感じます。
いつもながら写真がメッチャエエですやん。

kinmori | URL | 2009-09-11(Fri)23:41 [編集]


お疲れ様でした~♪
お天気も良く、本当に選手の方々も応援の人も暑かったと思います。

でも、写真の最高の笑顔を見ると、本当に素敵な1日だったのが伝わってきます!

サッカー小僧 | URL | 2009-09-12(Sat)16:45 [編集]


ありがとうございました~。

kinmoriさん

動く被写体を撮るのは
やっぱり難しいです。。
とっさにカメラを構えたり、
シャッター切ったりなんで、
思うように撮れているもののほうが
少ないです。。。

愛ですか~?
愛、というよりは、ん~。。。
なんでしょね? 母親の心境??


サッカー小僧さん

応援も、けっこう暑くて
かなりの日焼けをしましたよ。
トライアスロンの大会は、ほんとに
開放的で華やかな雰囲気なので、
選手はもちろんですが、応援する側も
とても楽しめますよ!

keiko | URL | 2009-09-14(Mon)00:54 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。