FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

デザイン力

100825-01.jpg



10月に、プリザーブドフラワーの作品展に
出展することを決めてから、
どんなものを作るのか?どんなデザインにするのか?
そのことでアタマがいっぱいの日々を過ごして来ました。

今までの生花のレッスンでは
事前にアレンジするお花の材料を用意してくれていて
花どうしの組み合わせ方を考える必要がありませんでしたが、
今回はまったく何もない状態から、ひとつひとつ組み立てます。


主役になる花、脇役になる花の種類と色。
これは案外すんなりと決定。
やっぱり、好きな色目に偏ってしまいます。

掛けるタイプにしてみよう!ということで、
その資材も手に入いれて。


さぁ、ベースはそろった!

・・・さて、どうしよう??


主役、脇役を引き立たせる
添える材料は何にしよう?
プリザで手に入るのか?それとも造花や飾る
タイプになるのかな?


そんなことを考えていると、
デザインを考えるってことは
ものすごく難しいことなんだ・・・と痛感。

モノをつくる、デザインを考える仕事をしている
主人に相談すると、ルールは別として
いくつものパターンのデザインが出てくる。

『たとえば、こんなん』
『たとえば、こんなんとか』
『こんなんも、ありちゃうか』

・・・脳みそ、やわらか~い!

私は、どんどん深みにハマっていって脳みそから湯気が出そうなのに。。。


こういうことは、ぜんぶ経験と訓練。


何かをモノ真似る、印象に残ったモノを応用する、
そんなところから始まっていいんじゃないの??


そう思うと、少し気が楽になって
まずはプリザの本を読みあさりながら(笑)
色合わせや、資材の種類の使い方など
ヒントになるものを探してみる。


けど。。。
自分の今の漠然としたイメージにぴったり合うものは無くて。。。


想像の世界の中で、こんな材料使ったらどうだろう?
こんな色目は?
・・・細かいパーツをパズルのようにアタマの中で組み合わせてみて
なんとか『こんなかんじ』というデザインが出来上がり、
いよいよ制作開始。

ゆうべ、レッスンで使っているアトリエを
制作のために開放してくれたので、
とにかく行って先生に相談してみよう!と思い、
出かけてきました。


『どんなイメージにします?』

材料選びの段階から、幾度となくお話をしてきた先生と
いよいよ、パーツをカタチにしていく話になりました。

『足りないパーツはこんなもので、こんな色目を考えていて。。。
 デザインはこんなふうに考えているんですけど。。。』


今まで先生と話した中で、一番具体的なイメージを伝えることができたけど。。。

でも、やっぱりここはプロの先生。
自分の想像の世界で組み立てたパーツは、
トータルで表現してみたときにはNGだったり、
OKなものでも、ちょっと手を加えて、
より魅力的に見せられるような提案をしてくれたり。

素人には判らない部分があれこれと湧いてきて、
結局、当初イメージしていたのとはずいぶんと方向が変わり、
あっさりとシンプルなモノに。

『とにかく、挿していってみましょうか』

生花と違って、何度でもやり直しができるのが
プリザのいいところ^^。
ここからは工作のようなものです。


途中で先生にアドバイスをいただきながら。。。
3時間ほど経過したところで、ほぼ、アレンジが完成。

資材と組み合わせてみると、なかなかいいかんじに
仕上がったかも・・・^^。


よっぽどNGなこと以外は、
自由な発想で、自由なデザインで
作品作りをさせてくれたので、
プロの目から見たら、
たくさんの手直しがあるかもしれませんが(苦笑)

全体の8割近くは完成しました。


残り2割、まだもうちょっと試行錯誤が必要です。



今回、このデザインのことで
あれこれ考え、夜も眠れないことがありました。
でも、それは辛いものではなく、
初めてのことで、経験が浅いために、いろいろ悩んだ過程のひとつ。
プリザに限らず、モノ作りに携わっている人が
生み出すデザイン、それを考える『デザイン力』
はすごいものだな。。。と、つくづく感じました。

自分にはまだまだそのチカラが備わっていないけど、
アタマを柔らかく、そして、アンテナは常にしっかり張り巡らして
良いものをたくさん見て、感じて、吸収できるチカラを身につけたい・・・
作品を作ってみて、そんなことをふと思ったのでした。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

いくつもの発想が出るなんて、
ご主人の頭はかな~り柔らかいですよね。

ちょっと柔らかすぎで心配な時もありますが、、、
溶けてるんじゃないかと・・・(笑

Frank* | URL | 2010-08-25(Wed)19:00 [編集]


No title

色や形の組み合わせ・・・難しいですよね
ご主人は、そちらの方の方なのですね^^
私の主人も、今は違いますが
昔は服を作っていたので、私よりも
色の合わせ方などは上手・・・(ーー;
やはり、経験がものをいいますね~
素敵なアレンジを出展できますように

あっこ | URL | 2010-08-25(Wed)22:23 [編集]


無責任な発想^^

Frank*さん

お久しぶりです。
主人に相談したら、
いろいろラフを書いてくれましたが、
制作する立場ではないので、ん~・・・・。
ってところもありまして(笑)
そうですね、スポンジのように柔らかく
なんでも吸収してくれるといいのですが、
ポロポロとこぼれていくことも多々ありまして。。。
年齢ですかね(笑)?


keiko | URL | 2010-08-26(Thu)10:31 [編集]


色合わせの難しさ

あっこ先生

今回は、色彩学(っていうのかな?)を
よく理解していたら、相性のいい色や、反対色でも
映える色の組み合わせなど、もっともっと
イメージが膨らんだんじゃないかなって思います。
主人は、グラフィックデザイナーなので、
わりとこういう話は通じるんです^^。
ご主人、服を作っておられたんですか?
流行の色やカタチにはとても敏感なのでしょうね。
センスがないとこなせないお仕事ですね。すごいです。
経験を重ねることで、自分の中にひとつずつ引き出しが
増えていくんですよね。そして、何かを作るときに、
その引き出しから経験したことを出してきてカタチにする・・・。
趣味の世界で楽しんでいることなので、気負わずに
経験を重ねていけたらなぁと思っています。
完成したら、またご紹介しますね。

keiko | URL | 2010-08-26(Thu)10:38 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。