ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

懐かしい映画

120409-01.jpg


もう、ずいぶん昔。
たしか、震災後だったんじゃないかと思います。

映画が大好きで、一日に3作、多い日は4作と
ハシゴして観に行ってたころ。

この映画「タイタニック」の、リアルさと、
スケールの大きさ、そして、
レオナルド・ディカプリオの
たくましくも美しい姿に惹かれ、
初めて観たときには、どっぷりと
映画「タイタニック」の世界に引きずり込まれていました。

その後、たしか4~5回くらいは、映画館に観に行ったと
思います(笑)
今まで、同じ映画をこんなに観に行ったことはないくらい。

ジャックとローズのラブストーリーは、
とても切なくて、すごく感情移入しながら観てました。
独身だったし、ね・・・^^

今年、タイタニック号の悲劇から100年目の節目を迎える
こともあり、3Dで再上映されるということで、観て来ました。

ん~・・・、ちょっと期待が大きすぎたかな?
3Dになることで、もっと迫力が出るのかなぁと思ったら、
それほどでもなかった(--;)
途中からは、3Dであることを忘れて、普通に観てました。

それでも、スクリーンに登場する主人公の二人は、
若々しく(当たり前・笑)、一コマ一コマを目で追っては
過去に観た記憶が鮮明に蘇ってきました。

何かで読みましたが、ジャックが夕食を招待された際、
パンをちぎって食べずにほおばったり、シャンパングラスの
上のほうを握ったりするシーンは、テーブルマナーを知らないことを
表現しているのだとか。
上流階級の人間であれば、子供の頃からしつけられてますから、ね。

そういえば、と、今回はじっくりそのシーンを観ましたが、
なるほど、以前はこのシーンは、サラッと観てたなぁと。
新しい発見ですね。


歳も重ねて、自分の生活環境も大きく変わった今、
また同じ映画を観ると、感じる印象もずいぶんかわりました。

そういう意味では、久しぶりに、「おもしろかった!」
と、言えるのかもしれませんね。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

「タイタニック」私も当時、映画館で観ました。
まだ人生経験も少ない時に観たので、
単純にすごい迫力とストーリーに感動して、
ディカプリオのかっこよさにハマりました^^;
当時ディカプリオ出演の映画を全部レンタルして観たほどです(笑)
そしてちょうど最近、テレビ(wowowかBS/CSかな?)で
タイタニックをやっていて、久しぶりに観たところなんです。
階級の違いを描いたシーンもなんですけど、
今みると、当時は気にしなかったところにも気がついて、
新たな発見というか。やっぱり感動しましたけれどね(^_^;)
同じ映画を繰り返して観ることって少なかったけど
色々ともう一度みてみたい、と思いました。
3D、迫力はそれほどでも・・だったんでしょうか(苦笑)
でも大画面でも改めて観てみたくなりました。(行けたら行きたいです♪)

yuru-kura | URL | 2012-04-11(Wed)11:03 [編集]


No title

yuru-kuraさん

この映画で、ディカプリオのファンになった人って
たくさんいると思うのですが、私もその一人です^^
そうそう。昔、出演していた映画、私も全部観ました
し、生い立ちから現在までのすべてに感心があったの
で、いろんなモノを読んだり観たりしました。
タイタニック、先日テレビでやっていましたね。
チラッと観ましたが、やっぱりこういう映画は
スクリーンで観る方が迫力がありますね。
3Dになることで、緊張感あるシーンが、すごく
リアルに見えてくるのを期待したんですが、それほど
でもなかったように思います。人物などが浮き出て
奥行き感はあったものの、たとえば後半、タイタニックに
海水が浸水してくるシーンとか、船が二つに割れて
沈没するシーンとか・・(苦笑)
でも、スクリーンで観たことで、しばらくまた、
タイタニックとディカプリオの余韻に浸ったので、
観てよかったなぁと思っています(笑)
お時間があれば、是非行かれてください♪

keiko | URL | 2012-04-12(Thu)10:19 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。