ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーティスト

120417-01.jpg


ひんぱんに映画を観に行っていたころは、
どの作品、だれがアカデミー賞を獲ったかが
すごく気になって、その映画はほぼ観に行っていました。

ここ数年は、その熱も少し冷め、
ノミネート作品すら知らないこともしばしばです。

今回のアカデミー賞を受賞したこの「アーティスト」も
実は受賞してから知った作品で、かなり話題になっていたので
ちょっと興味が湧いて行って来ました。

モノクロでサイレント映画。
昔、チャップリンの映画をビデオで見た以来のサイレント映画。
無声映画で、ほとんど字幕が出ません。
なので役者の動作や表情を見ながら、その状況を解釈していきます。
ストーリーを左右するような台詞は、字幕が入ります。
なので、役者の演技力が問われるのはもちろん、
その人その人の演技を見ながら、
観客がその台詞や役者の表現しようとしていること、
つたえたいことを、想像を膨らませてみることができます。

今の時代、映画は映像の技術が発達し、機械や特殊メイクなどで
非現実的な世界も、より現実に、リアルに再現することができています。

でも、もとをたどれば、昔の映画はそんなものに頼らずに
いちから作品を作っていたのですから、その当時の俳優さんや
製作にかかわる人たちって、すごかったんだなぁと思います。

今の時代だからこそ、すごく新鮮に写り、
見る側の気持ちを惹き付けてくれます。

そして、サイレント映画スター、ジョージが
映画産業がサイレントからトーキーへと移り変わるころ、
サイレント映画にこだわるあまりに、人々から忘れ去られて行く
存在になるのですが、そのジョージにいつも寄り添う
愛犬アギーの存在が、とても心を和ませてくれます。

アギーは、ゴールデン・カラー賞(犬版アカデミー賞)を
受賞したということでも、話題になっていますね。

見事な演技を披露してくれています。
ときにはクスクスッと笑ってしまうほどの、可愛いしぐさと
見事な演技に注目です^^



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

No title

サイレント映画ってめずらしいですね!
おもしろそう!
私もよくひとりで買い物帰りに映画を見に行きますよ~(*^-^*)
最近はドラゴンタトゥーの女を観に行きました。
(本のほうがよかったかな)
「プラダを着た悪魔」とか大好きな映画です。
今度は「しあわせのパン」を観たいなあって思ってます。

はなまま | URL | 2012-04-17(Tue)18:29 [編集]


No title

はなままさん

ご訪問ありがとうございます♪
サイレン映画、ここ数年まったくなかったんじゃ
ないかと思います。(マイナーな映画は知りませんが^^;)
時代背景は、1920年代なので、俳優さんの雰囲気も
わざと昔風にしていて、クラッシックカーが走ってたり
と、妙に新鮮さを感じました。
家の近くにワーナーマイカルがあるので、私も
しょっちゅうひとりで行ってます(笑)
ひとりは、気楽でいいですよね^^
「ドラゴンタトゥーの女」は、ノーチェックでした(苦笑)
ダニエル・クレイグが出てたんですね。
映画より本の方がいいっていうこと、ときどきありますよね。
私はあまり本は読まないので、映画だけ観ると
満足できそうかなぁ(笑)?
「プラダを着た悪魔」は、見過ごしてしまいました。
またいつか、DVDで観ようと思っています^^
「しあわせのパン」は、ものすごくツボにハマりましたよ。
ストーリーは、特別すごいわけではないのですが、
舞台になっているカフェの佇まいとか、木のぬくもり、
パンの焼ける匂い、コーヒーをひいて淹れる音、
ひとつひとつが、見ていて心地良いのです。
たしか、北の住まい設計者という会社が、提供している
小物とか家具があったと思うんですが、
北欧風なモノを取り扱うメーカーなので、すごく素敵ですよ。
DVDが出たら買おうかなぁって思っています♪

keiko | URL | 2012-04-17(Tue)23:12 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。