FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

長浜の旅

ここ数年、旅行といえば、仲間と一緒にスキーに行ったり、マラソン走りに行ったり、
トライアスロンの応援に行ったり。と、しばらくふたりでゆっくりと出かけたことが
ありませんでした。

トライが終わったら、どっかゆっくり行きたいな、というささやかな(笑)願いが
叶って、先日主人とふたりで長浜へ遊びに行ってきました。

我が家から車で1時間半ほど。電車でもJRでのんびりたどり着けます。
以前、撮影会で長浜の黒壁スクエアを撮ったときに、おもしろそうなショップが
たくさんあったのですが、撮影に時間を取られたのと、大きな機材を抱えて店内に
入って、もし商品を壊してしまったら・・・ということがあり、ゆっくり見ることが
できなかったので、改めて行きたいと思っていた場所でした。
主人に話すと、とても興味を持ち、自分も行ってみたい、と。


121015-01.jpg


昔、銀行だった黒壁の建物を町おこしのひとつとして、ガラス館として新しくし、
ガラス工房や、ショップ、美術館など、ガラス工芸の街として賑わっています。
町屋の雰囲気が漂う古い街並みも、見どころのひとつです。


121015-02.jpg


いろんなショップを巡ります。


121015-03.jpg


121015-04.jpg


121015-05.jpg


ガラス細工やガラス製品は、磁器や陶器とはまた違って、透明感の美しさがあって、
光にかざすとキラキラと光って、ほんとうにきれいです。見ているだけでも十分楽しいです。
工房では、初冬から開催予定のギャラリーに展示をする作品の制作をされていました。
長い棒の先に付いているガラスが、職人さんの手によって、少しずつカタチを変え、
熱を入れてたり冷ましたりして、形成されていく様子は、ほんとうに芸術だなぁと思います。
ひとつひとつ丁寧に作られている様を見て、完成された作品を手に取ってみると、
その人の心が伝わってくるような気がしますね。
主人は、作家さんのキャンドルグラスをお買い上げ。


121015-06.jpg


日帰りでもじゅうぶん近くの場所ですが、夜もゆっくりしたいなぁと思い、こちらの宿に
泊まることに。
黒い格子と真っ白な壁の見るからに、純和風な町屋。
フロントは無く、隣接されたレストランがフロント代わりの受付。
スポットライトに照らされ、モダンでありながら温かみのある空間のレストラン。
入った瞬間から、かなりテンションアップです(笑)


121015-07.jpg



ゲストハウスも、古いものと新しいのものをうまく取り入れた、素敵なお部屋です。
ワンルームのアパートのような造りになっていて、渡り廊下から直接レストランにも
行けます。


121015-09.jpg


この日の晩は、フレンチ。
一品一品、お料理が出てくるとともに、盛り付けているうつわの説明も。
作家さんのものは、作家さんのお名前も説明してくださいました。
残念ながら、赤木明登さんしか知りませんでしたが、
とても高価なうつわだということだけは分ります。


121015-08.jpg



うつわとお料理、それぞれが、それぞれを引き立て合いますね。

ひさしぶりに、ゆっくりと食事をしながら、
いろんな話をしながら過ごした一日でした。


121015-13.jpg


121015-12.jpg


121015-11.jpg


素敵なお部屋です。
急須も湯呑みも、おそらく作家さんのものですね。

普段は、民宿や旅館の畳でごろんとしながら、
リラックスして過ごすんですけど、こんな洒落た空間も
いいですね。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。