FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

くじ運はあまり良くないのですが・・・

神戸マラソン、当選しました^^

東京マラソンは、最初の2年ほど申込をしたけど
全然ダメで、そのうち倍率がどんどんハネあがっていくのを
見ていると、逆に気持ちも冷めてしまって・・・(--”)

第一回目の大阪マラソンも、見事に外れ。
やっぱりくじ運がないんだなぁと思っていたけど、
最後の最後に、やったー!当選です♪


これで、理由をつけてはウダウダと練習をサボることは
なくなりそうです。

2年ぶりのレース、2年ぶりのフルマラソン。
どこまでカラダを元に戻せるかわかりませんが。
あと5ヶ月弱、気持ちを入れ替えて頑張ってみます♪


神戸は、育った町だけに思い入れが強いです。
去年までは神戸女子ハーフマラソンという名の大会だったけど、
この大会にもいろんな想い出があるので・・・^^

PageTop

泉州国際マラソンの応援に・・・

110223-03.jpg


日曜日、仲間が出場する『泉州国際マラソン』の
応援に行って来ました。

堺の浜寺公園をスタートし、りんくうタウンまで。
折り返しも交えながらの42.195キロです。


制限時間が厳しい大会ということもあり、
参加ランナーは、それほど大勢ではありませんでした。
今年の1月、宮古島のウルトラマラソン完走を目指して
頑張ってきた、メンバー(通称:宮古島ガールズ)のうち
3名がこの大会に出場しました。
それと、宮古島ガールズをサポートしつづけてきた
Ryuさん。


110223-02.jpg
▲緊張感漂うスタート直前のRyuさん。


みんなは去年から一年間、100キロを完走するために
コツコツと練習を積み重ねてきました。
本命のウルトラは無事完走したので、
肩のチカラを抜いて、リラックスした走りが期待できそうです。


110223-01.jpg
▲宮古島ガールズ。ウルトラのために作った、お揃いの勝負Tシャツで参戦です♪



この大会に出場しなかった、残りの宮古島ガールズを含む、
応援チームは、浜寺公園で、みんなのスタートを見送ったあと、
公園を出てすぐのポイント9k~10kの中間地点へ移動、
さらに、電車に飛び乗り、22k地点の貝塚へ、そして、
ふたたび電車に飛び乗り、32kと、40kあたりになるりんくうタウンへと
場所を変えつつ、それぞれの駅から応援ポイントまで走って移動します。


数カ所で、みんなを待ち構えての大声援。
声がカラカラに枯れるまで、みんなを一生懸命応援しました。
走っているときにもらう声援が、どんなにチカラになるかを
知っているから・・・
疲れてきたころに、少しでも元気を出してもらえたら・・・
そんな気持ちでいっぱい応援しました。


110223-04.jpg
▲32k過ぎの橋。
 疲れた足にはかなりキツいアップダウンでしょうね・・



一生懸命頑張っている人って、ほんとに素敵です。
ひとりひとりの姿を見ていると、フツフツとココロの底から
パワーが湧いてくるような気がします。

『走りたい!』 『また、頑張って練習しよう!』って。。。


みんな、無事にゴールしました。
4人それぞれの、42キロだったようです。
途中、足が痛くなっても気力で走り切った人、
ラストでカラダが動かなくなって、歩いてゴールをした人、
苦しい中でも、声援の後押しを受け、自己ベストでゴールした人。。。


終わってからのみんなの笑顔は、ホントに素敵でした♪
満足な部分、反省する部分、いろいろあったみたいですが、
でも、みんなの、『やり切ったぞ!』っていう笑顔を見ていると、
応援してよかった~!って、ココロから嬉しい気持ちになるのです。


110223-05.jpg


で、やっぱり、コレ!
終わってからの打ち上げ、です^^

・・・というか、この日はお昼ご飯抜きだったので、
夕方4時半くらいからの、ちょっと遅い昼食ってところでしょうか(笑)
バイキングに行きましたが、やっぱりランナーはすごいですね!
食べる量が半端じゃない☆

アルコールも飲んで、デザートも食べて、
これらのお料理も、ぜんぶ平らげちゃうんですから。



刺激をいっぱいいただいた一日、ホントに楽しかったです。
選手の皆さんも、ホントにお疲れさまでした^^♪




PageTop

ゴールへ!

766日の長い長い旅を終えて帰って来たこの人を
一目見たくて、一言応援したくて・・・。

110121-02.jpg


沿道にはたくさんの人が集まって来てました。



で、迎えた瞬間。


110121-01.jpg


たくさんの人たちとのハイタッチ。
歩くに近いスピードで、声援に応えてくれました。


110121-03.jpg


ホントに、ホントにお疲れさまでした!



PageTop

青島太平洋マラソン - その2-

レース当日の宮崎は、とっても暖かかった。
おそらく、体感では20度前後・・・?

早朝から現地入りし、レース開始までの
しっかりとお日様が差す時間帯までは
『寒い、寒い。』と言いながら
ウインドブレーカーを着ていたけど、
スタートラインに並んだ時には
寒さも忘れるくらいのポカポカ陽気。

091221-01.jpg

空も真っ青。気温も暖かい。景色もいい。

・・・ほんとにフルマラソン走るの?

と、実感が全く湧かないままに、午前9時。
フルマラソンがスタート!

いっせいにランナーが前へ前へと飛び出す中、
焦らず慌てず、自分のペースを作って行く。

今回のフルマラソン、練習も十分できていないこともあり、
記録狙いの大会ではありません。
せっかく宮崎まで来て、沿道の熱い声援と素敵な景色の中
ガツガツ走るなんてもったいないーーーー。

というわけで、この日は3つのことを決めて
走ることにしました。

1.時計を見ない。タイムを意識しない。
2.沿道の応援と、宮崎の景色を楽しみながら走る。
3.誰とも競うこと無く、最後まで自分の気持ちいいペースで走る。

どれも、いつもはできなかったこと。
今回はこれに徹して、楽しい42キロを走るぞ~!

コース上には、すでにボランティアの高校生たちが。
要所要所に分かれて、目の前を通り過ぎるランナーに
向かって熱い声援を送ります。

一般市民の方々の応援も、熱い!熱い!
ハイタッチをしてもらおうとモジモジしながら手を差し出しているこども。
散歩がてらに連れて来られ、一生懸命吠えてるワンちゃん。
独特のリズムやかけ声で、大きな声援をおくるおばちゃん。
ありがとうございます!

091221-04.jpg

大通りに出ると、等間隔に並んだフェニックスが
フルマラソンというハードなスポーツを、『楽しまなきゃ!』と
気持ちを和ませてくれているかのように、きれいに並んで
私たちを先へ先へと導いてくれているよう。

091221-03.jpg

とりあえず、5キロごとにラップは刻んでおき、
終わってからのお楽しみ、ということで・・・。

県庁を過ぎたあたりから、市街地の折り返しで、
早いランナーが、次々へとすれ違っていきます。

『知事、いるかな?』

そんなことをふっと思いながら走る私の右手には、
しっかりと、知事を激写しようと、デジカメが。

10キロをすぎたあたりからは、
知事にすっかり気を取られてしまい、
かなりペースダウンに。

ところが。
行けども行けども知事はおらず、『あれ~???』と
不思議に思ったのですが、どうやら見落としてしまったようで。。。

そこからは、またレースに集中して、しっかりとレースを楽しむモードに
切り替えて、さらに先へと進みます。

この大会ではハーフの地点にも、どこの地点にも
計測の時計が無かったため、タイムを知ることなく、快調に飛ばしていました。
自分でも、カラダはそれなりに動いていて、いい感じで走れてました。

ところが。。。
24キロを通過したあたりから、少しずつ足の動きが鈍くなってきました。
確かに、ロング走をしても、最長25キロくらいまでしか走ってないし、
十分に足ができているわけじゃない。
とうとう、ここでアウトかな~~。。。

走れるけれど、心拍もあがってないけど、息も切れてないけど。
足だけがだるい。。。。

そんな状態に追い打ちをかけるかのように、
まさか!の・・・。

真横に並んできた、集団。
なんとその中に『4時間』と書いたゼッケンをしているランナーが
いるではありませんか!

そう、4時間のペースランナーと、その集団だったのです。

ここまで時間を意識させるものは一切目に触れず、
『タイムを気にせず走るって、なんて楽しいの~♪』と
思っていた、楽しい気持ちが一気に崩れ去り・・・・。

『え~っ? 今までサブ4ペースで走れてたの??』

一瞬のうちに気持ちが動揺し(?)サブ4がチラチラと、
目の前にちらつきだして。。。
『この集団に付いて最後まで行ったら、キチンとサブ4できる!?』

などと、邪念が湧いている自分がいました。


いや、いかん、いかん。
タイムを気にしないで走るんだから、これに惑わされてはいけない!



少しずつ前へ前へ離れて行くペースランナーたちを見送り、
ようやく平穏な気持ちを取り戻して、さあこのまま前へ進もう!
と、気を取り直すのです。
集団と離れてしまうと、また穏やかな気持ちで走ることができました。

約31キロ地点は、スタートした総合公園付近。
ここにゴールもあるというのに、真横を素通りして
青島の海岸へと向かいます。

普通なら気持ちが切れるであろう、そんなコースですが、
とにかく景色がよく、気持ちも楽に走れているので
気持ちが切れることなく、さらに先へと進みます。
フェニックスの並ぶ曲がりくねったコースを進むたびに
次はどんな景色が?と、ワクワクしてきます。
そして、ついにあたり一面に海が。。。。

091221-05.jpg

『きれいな景色~♪』

フェニックスの並ぶ海岸沿いを、海を見ながらのどかに走れる
ホノルルマラソンより素敵な景色。
こんな景色を見ながら走っていることが
気持ちよくて、ずっとこのまま続いてくれたらな~。
という気分・・・。


レースが終わってほしくないような、
でもそろそろ足を止めたいような。。。

そんな時間はしばらくつづき、ようやく公園へ。
のこり数100m。


公園内で初めて見た時計。4時間ちょいオーバー。
ここまで来て時計を目にするのはもういいだろう。

ゴールゲートが見えた瞬間、今まで貯めていたチカラが
湧いて出て来たかのように、思い切りダッシュ。
ここまで来たら、もう思い切って走ってもいいだろう。

そして、無事ゴール!

タイムは4時間08分18秒。

足はだるかったけれど、
気持ちよく楽しい42.195キロでした♪

マジレースをゴールした時の達成感も
気持ちいいものですが、ファンランで走ることで、
また違った楽しさがあることを初めて知りました。

そんな気持ちになれたのは、宮崎の美しい景色と
宮崎を楽しんでもらおうという
地元の皆さんの温かい応援のおかげ。

ホントに、いい大会でした。


そんな青太、ココロに残る声援やパネルがいくつかありました。

声援:『頑張って戻っておいでよ~!』(嬉♪)

声援:『先はまだまだ長いよ~』(爆!)



でも一番ココロに残ったのは、パネルに書かれたこの一言。

『元気だったら、何でもできる』


この言葉、宮崎で一番チカラをもらえた応援でした。

091221-02.jpg
091221-09.jpg
091221-07.jpg
091221-08.jpg
091221-06.jpg
091221-10.jpg

PageTop

青島太平洋マラソン - その1-

091212-01.jpg

気がつけば、マラソンを始めてから3年続けて
この時期には、南の島でレースに出場していました。

3年前と去年は、ホノルルマラソン、
そして2年前はNAHAマラソン。

宮崎で開催されている、青島太平洋マラソン。
これはホノルルマラソンと毎年同じ日で、
12月の第2日曜日。
実は、前から興味はありましたが、去年はホノルルを選んだので、
残念ながら行くことができませんでした。

そしてマラソンを始めて4年目の今年。
この、青島太平洋マラソンに初エントリー。
今年は一年を通して、十分に練習ができていなかったこともあり、
終始ファンランで、沿道の応援と、宮崎の景色を楽しみながら
走ろう。。。そんな感じでいこうかな~と。

いつも練習会に参加させていただいている
チームのツアーに便乗させてもらい、金曜の夜からフェリーで宮崎へ。
土曜日の朝に到着してからは、バスに乗り、プチ宮崎観光。
このチームのメンバーで、現在宮崎県庁にお務めのTさんのご案内で、
名所観光を楽しみました。

まずは、朝食のモーニング。
洋食でも、和食でもなく、『うどん』です。
午前7時から開いてます。

091212-02.jpg 091212-03.jpg

20数名の団体での来店で、静かな店内が一気に賑やかに。
うどんは昔懐かしい、柔らかいうどん。
(コシのあるうどんではなく、風邪ひきさんのときに食べると
 いっそう美味しいような食感。)

091212-04.jpg
おだしも美味しくて、朝からほっこりしました。


腹ごしらえが終わったあとは、綾町の大つり橋へ。
長さ250m、高さ142m。歩いて渡るものとしては
世界最大級、だそう。

091212-06.jpg

091212-07.jpg

こんなに大きいものが、支柱ではなく
吊ってあることが不思議なくらい、考えたら怖いものですが
鉄筋でできていることもあって、渡る時はそれほど怖くはありません。
(でも、怖い人にとっては、怖いものです。)
むしろ、以前に渡った谷瀬の吊り橋のほうが、怖かった・・・。

091212-08.jpg
下を覗くと、こんな高さ。


091212-05.jpg
次に、綾町・酒泉の杜で、ガラス工房、焼酎工場を見学。
たくさんの種類のお酒が試飲できるということで、
お酒好きの人は、ずっとこちらでいろんなお酒を
試飲してました。


お昼は、宮崎シーガイア『シェラトンホテル』にて
バイキング。
普段は、なかなか気軽に入れない(!?)一流ホテルでの
ランチバイキングです。

091212-09.jpg 091212-10.jpg

ついつい、あれこれと手が伸びて・・・お腹一杯
食べてしまいました(笑)

091212-11.jpg 091212-12.jpg
翌日に備え、カーボローディング・・・!?




宮崎はいいところだな~。と
すっかり観光気分に浸っていて、あやうく忘れそうになっていた、
今回の最大の目的である青太フルマラソン出場(笑)。
『サンマリンスタジアム宮崎』のある
宮崎県総合運動公園が、ゼッケン引換会場です。

091212-13.jpg

翌日のゼッケンを受け取って、レースの後半のコースでもある
トロピカルロードをTさんにご案内いただきました。

091212-14.jpg
明日のレースで走るコースや青島の説明を聞きます。

フェニックスが並んでいる青島ビーチを歩いていると、
ハワイにでも来たのかと、思ってしまうくらい
木と空の青と、目の前に広がる海がとてもきれいなところです。
091212-15.jpg
091212-16.jpg
海のむこうにぽっかり浮かぶ、青島。
翌日のレースでは、青島までは渡りませんが、
ここには青島神社というのがあって、巨人軍が宮崎キャンプに来たときには
選手が参拝にくるんだとか。。。
翌日のレースを無事完走できるようにと、参拝。
すると偶然、白無垢を着たお嫁さんが通りかかりました。
実はこの青島神社、縁結びの神様で有名なんだそうです。
091212-17.jpg


091212-20.jpg
そして、この日の最後の観光地、『宮崎県庁』
昭和7年に建設され、全国で4番目に古い県庁舎だそうです。
本物の知事ではなく、等身大のパネルの知事がお出迎え。
観光客が『おでこ』をなでるため、パネル知事のおでこは
真っ白に・・・。
091212-21.jpg

で、Tさんのご配慮でホントは(土日はNGなのかな?)
ダメだったんですが、玄関口まで見学させていただけることに
なりました。

091212-19.jpg
玄関ロビーの階段。
大理石のような重厚な手すりは、県で採石された石を使用し、
そこには化石が見られるそう。
知事室は、この階段を上がった2階にあるそうです。


楽しい宮崎観光はあっという間に終わりました。

そして、いよいよ翌朝は、今シーズン初のフルマラソンです。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。