FC2ブログ

ココロとカラダにいい暮らし

大好きなスポーツや、お料理・写真・フラワーレッスン・そして我が家の文鳥たち・・・などなど。好きなモノ・好きなコトに触れながら過ごす日々を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゆるゆるマラニック

今年のお盆休みは、お仕事に出たり、
遊びに出かけたり、お盆の片付けをしたり、と
家で過ごす時間が少ない日々。

毎年お盆は主人の兄弟やその子供たちが集まってきて
一日中フル回転で家事をこなしていたんですが、
『ゆるゆるマラニック』のお誘いを受け、
家には無理を言ってお出かけさせてもらいました。


おなじみのメンバー、しかもレディスばかりが
総勢7名。
お山のマップを片手に、道を確認しながら、
わいわいおしゃべりしたり、はしゃぎながらのマラニックです。

今回は、新神戸~学校林道~摩耶山~シェール道~トゥエンティクロス
~新神戸~温泉・・・というコース。
(道は、みんなにお任せ^^。)

ウルトラの練習として、長い時間動き続けるのが目的、だそうで、
ほとんど、走らず、ひたすら、歩く、歩く♪

お天気は曇り空で、山の方は雲がかかっていたので
気温はそれほど高くなく、暑さもこの時期にしてはマシなほう。

100817-01.jpg

『いってきま~す!』 元気にスタート。



100817-02.jpg

摩耶山の展望台は、霧が出ていてなんにも見えません。
ちょっと離れたら、みんなの姿も見失いそう。


100817-04.jpg

川を渡るみんなの様子は、さまざま。
思い切りのいい人、慎重な人・・・。



100817-03.jpg

自然の中で、一日カラダを動かして。
しんどいけど、いい汗もかけるし、
終わった時の、”おつかれさま~!”の瞬間がたまりません。



約6時間にわたり、おしゃべりしながらの
ゆるゆるマラニックは終了。

今回も、膝の痛みはナシ!
もう完全に大丈夫そうです。


終わってからは、楽しみの”温泉&beer”♪


お盆休みの有意義な一日は、
あっという間に終わりました~。

みんな、お疲れさまでした!そして、ありがと~♡

PageTop

トレイル復帰

『箕面のお山、15キロくらいのゆるゆるトレイル』

・・・という甘い言葉に誘われて、
2月のケガ以来初めてのお山へ行って来ました。

体力、走力、脚力すべてにおいて、
参加メンバーの中でははるかに劣っている私。
療養中に、みんなはものすごく練習を重ねてる。
なので、ついていけるのかなぁ・・・という不安が。


100801-01.jpg

そんな中でも、少しほっとさせてくれるのが
この日のコースの中に『箕面昆虫館見学』が
織り込まれていること。


ちょっとでも楽できるかなぁと、
期待をしていましたが。。。
走り出してすぐに立ち寄ったので、
あとはみっちりランが待っていました(笑)


昆虫館の『放蝶園』では、
広い空間を、たくさんの蝶々が悠々と飛び回っていました。
たかが虫なのに、なんでこんなに鮮やかな色をした
美しい羽根を授かることができるんだろう・・・。

100801-02.jpg

100801-03.jpg



昆虫館を後にして、
いよいよ箕面のお山へ。

山は、登りをしっかり走るのがやっぱりしんどい。
だから、山はキツいイメージが拭えない。
いつも、山に入って行く時は
” ハァ~・・・ ”って、ため息が出ます^^;

じゃ、なんで来るのか・・・?
しんどい、辛い、苦しい、思いをして
登りきったときに見える山の上からの景色、
そのあとに待ってる下り坂を
気持ちよく走ることができるから。

気の合うみんなと、自然をいっぱい感じ、
一緒にしんどい思いをしたり、気持ちいいと感じ・・。
同じことを感じながら過ごせるのが
何より楽しいから・・・^^♪


100801-04.jpg


走り始めると、
足の痛みが出ないかなぁ・・・と、
ついつい左足をかばい、右足加重に。
山の階段の登りはとにかく足にくるので、
ふんばらないように、段差の少ないところを探して。

ゆるやかな登り坂。一行は走り出すけど・・・
走られへ~ん・・。しんどい。。。。

前を追い掛けたら、今の自分にはまだまだ
しんどいペースで、苦しくなるので
追い掛けずに、自分のペースでじっくりと
前へ、前へ。。。。

そのかわり、歩く時はしっかりと歩こう♪


100801-05.jpg



周りの景色や様子を見ている余裕はあまりなかったけど、
ときおり感じる草の匂いや、山の中の涼しさを
ちょっとだけ、楽しめました。


100801-06.jpg



なだらかな下り、しっかり足を着地させて
前へ進みます。

足の痛み、なし!


先頭集団、中間集団の皆さんを
何度も何度もお待たせしながら、
約4時間のトレイル(ハイキング!?)を終了。


ひなたに出ると、暑さとムンとした風に
体力を奪われましたが、ここ半年でカラダを動かした
時間も、走った(歩きもあったけど^^)距離も
最高記録でした。


終わった後の疲労感は、かなりありましたが、
これがまた心地よかったりします。
そして、温泉で汗を流し、美味しいビールを
みんなでガンガン飲むのが、至福の時間♡

しんどかったらこそ、
この時間がたまりません。



で、翌日。
整形外科にて、診察。

先生に、山を15キロ、4時間ほど走ったり歩いたりしたと
報告すると・・・。
唖然としてました(笑)
先生の知識の中に、トレイルというモノが無いというのも
理由のひとつですが、おそらく患者さんでそういう人も
少ないんだと思います。


心配していた左足の痛みは全く無く、
触診でも、特に問題もなかったようなので・・。

『それだけ動いて痛くなかったら、
もう、大丈夫でしょう』と、先生。

長らくお世話になっていた治療も、
一応これで完了、かな。

筋肉が回復するまでには1年はかかりますよ、と
釘をさされたので、焦らずじっくりと
取り戻していくつもりです。


8月1日。
無事、トレイル復帰なり♪



PageTop

箕面へ!

今年の秋のレース、エントリーしました。

神戸女子ハーフ&宮崎青太フル。

まだ、2つしか決めていないのですが(十分!?)
さ、練習、練習。。

先日、”箕面へ走りに行こう!”と
お誘いをいただきました。
以前にもお誘いいただいたにもかかわらず
用事で行けなかったので、今回は是非!

今年に入って、初めてのお山です。

090728mino01.jpg

去年痛めた膝の具合がちょっと心配。。。
ゆっくり行けば大丈夫かな?

いくつかのアップダウンは、斜度がどれもキツくて
上りは極端に足が止まり、はぁはぁ言いながら歩いて
下りは疲れを忘れたかのように、スイスイ(?)
走れました。

お天気の予報は雨。

だけど降られたのはほんの一瞬で
あとは薄曇りと、ときどき差す日差しが
気持ちいい~。

たっぷり26キロ。

久しぶりにしては、よく動けた方かな?

お世話になりました皆様、ありがとうございました♪


090728mino02.jpg



PageTop

初夏の乗鞍高原

信州と言えば、スキー。

スキーと言えば、雪山。

毎年、冬になると出かける信州。
ひょんなことから2年前に、初めて初夏の信州を訪れました。

信州・乗鞍高原。

白樺と新緑、そして残雪の山に青空。
リフト乗り場のある斜面、冬場はきっとゲレンデなんだろうなぁ。

こんな素敵な自然の中、 ”山を走る”ということを知ってから
初夏の信州のとりこになってしまいました♪

そして、今年も週末から信州・乗鞍へ。
何度訪れても、いいところでした。

090628norikura01.jpg

今年も晴天の牛留池を見ることができました。

090628norikura02.jpg

三本滝。滝壺に落ちる雫がミストシャワーのようで
とても気持ちいい♪ 涼しさを感じるところです。

090628norikura04.jpg

午後から、肩の小屋口までバスで上りました。
もうすぐ7月というのに、残雪が・・・。
スキー客もたくさんいました。びっくり~。

090628norikura03.jpg

一緒に行った人たちは、さらに頂上の剣が峰を目指し、
トコトコと歩いて行きました。
高山病か体力不足?のため、私はここでギブアップ。
みんなが戻ってくるまで、ここでひとりお昼寝・・・。

090628norikura05.jpg

肩の小屋口から乗鞍観光センターまで、ロードと山道を
ゆるゆるとランで下って行きます。
山頂付近では、まだこんなに雪の壁が残ってます。

>090628norikura06.jpg

川の水も透き通り、とても涼やか♪

090628norikura08.jpg

白樺とつつじ。
いたるところにつつじが咲いていました。

090628norkura09.jpg

山道以外にも、こんな小道も走りました♪

090628norikura07.jpg

二日目は、山の中をゆっくりランとウォークを交えながら
乗鞍の自然を満喫しました。
最初は曇っていましたが、午後には日が射して来て
いいお天気に恵まれました。

こんな自然の中に居られる幸せを、ひしひしと感じます~。
山の中の木々の葉は、ほんとうに鮮やかで綺麗な緑色でした。
きっと、きれいな空気を吸ってるからでしょうね。

あっという間に終わった2日間、信州の自然を満喫しました♪

PageTop

六甲縦走 (3/4編)

7月・8月と続いた『六甲縦走シリーズ』第三弾。

5日の日曜日、六甲全縦走の約4分の3にあたるコースを
走ってきました。

今回は、西の出発地点須磨浦公園からスタートし、
有馬へゴールするという約44キロの道のりを進みます。

081005rokkou01.jpg

朝からあいにくの雨。
2ヶ月前に六甲を走ったときは、強い日差しの中
暑さと闘っていましたが、今回はむしろ涼しいくらいです。
でも、動き始めるとだんだんカラダが温かくなってきて
汗が出てきます。

西側は山道の上り下りが主なコース。
3度目ともなると、少しは早く動けるようになるかな・・・?

夏場の六甲は、暑さで体力を消耗します。
とても暑くて、水分をたくさん摂ります。
その分、水分を持って走るのですが
今回はその量、夏と比べて約1/3。
途中、自販機で調達できることを考えて
なるべく荷物は軽めに走ります。

涼しいのと荷物が軽いので、だいぶん楽に走れるように
感じました。
しかし、山道の上り下りは相変わらずのキツさです。

前回、あまりの暑さに思わず倒れそうになった、高倉台の階段。
やはりキツい階段には変わりなかったけれど、
倒れそうになるほどではありませんでした。
3度目ともなると、少し慣れてきたのか
心の準備ができるみたいです。

今回は雨も降っていることもあり
休憩も最小限の回数と時間でした。
また、みなさんがわりと速いペースの方々だったので
ビギナーさんの混じっていた前回とは違って
各ポイントもずいぶん早く通過できました。

通過するタイムを見て驚く反面、
でも、皆さんに付いて行くのに必死です。

丸山のコンビニで軽くお昼ご飯。
お腹は空いているのですが、あまり受け付けません。
結局おにぎり1個を食べ、先へ進みます。

菊水山、鍋蓋山は
やっぱりどちらもキツかったです。
山道の上りになると、どうしても足が疲れて
息も乱れて、急にペースダウンし、足が重たくなります。
徐々に前の人との距離が離れていきます。
気がつけば、メンバーの中では最後尾を進んでいました。

菊水山、鍋蓋山は
初回、二回目に比べたらほんの少しマシでしたが
それでもしんどいのには変わり有りませんでした。
ただ、それぞれの山を通過する時間は少し早くなったように思います。

081005rokkou02.jpg

市が原へ到着。
出発してから約5時間ほど経過。
相変わらず雨は降り続き、このまま摩耶山を通過して有馬へ行くのか
または、半縦で終わるのか。。。

結局、有馬へは行かずに摩耶山まで登った後
徳川道・ツェンティクロスを通り、市が原へ戻り、新神戸へ降りることになりました。
それでも移動距離は42キロを越えるようです。

摩耶山までの上りは、かなりしんどかったです。
アップダウンのキツい山が3つも続き、
しかもこの山が一番長い。。。
さすがにこの頃になると、前半20数キロの疲労が足に溜まってきて
山道の一段、一段が相当こたえるようになりました。
休み休みでないと一段ずつが上がれません。

かなり、前の人との距離が広がっていきました。

1時間ちょっと、山道をひたすら上り続けるのは
かなり辛いです。
本当は、こんなのとても苦手なはずなのに、
なんで3度もここへ来てるんだろう。。。?

”あと、もう少し。”

と、励まされて ようやく摩耶山へ到着。
先頭の皆さんはカラダを暖めるために
熱い飲み物を飲んでいました。

ここから先の約10キロ、なだらかな下りを走り続けます。

徳川道・ツェンティクロスは初めて通る道でしたが
とても走りやすい道でした。
山道の上りは、かなり遅いスピードですが
フラット、または下りはしっかり足も動きます。
足の筋肉も実のところはまだ動くみたいです。
少しずつ足の疲労が抜けていく感覚がありました。
山道の上りが終わると、足も復活!
マイペースではありますが、動けるようになりました。

市が原へ戻り、布引を越えて新神戸へ。
出発してから約8時間半ほどでゴールの三宮に
到着しました。

三宮へ到着したときには
エネルギー切れのガス欠と、寒さと、疲労で
カラダがもう全く思うように動いてくれませんでした。
銭湯に入り、熱い湯船に使った瞬間。。。。
すぅ~っと、カラダの疲れがとれて
芯まで温かくなりました。

翌日、筋肉痛はないものの、筋肉に疲労は残っていました。
おまけにカラダ全体がすっきりせず、だるい感じも。。。
(これが取れるまで3日かかりました。)

来月は、いよいよ縦走です。
さて、どこまで行けるのか。
楽しみでもあり、不安でもあります。。。






PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。